NK細胞療法の基本

まずはNK細胞療法について知ることから始めましょう。恐らくほとんどの方はNK細胞療法という治療法について知らないと思いますし、耳にしたことすら初めてという方が多いのではないでしょうか。NK細胞療法とはナチュラルキラー細胞療法のことで、ナチュラルキラー細胞によって癌を退治する方法になります。ナチュラルキラー細胞は生まれながらにしてがん細胞にアタックする、つまり攻撃する性質を持っていますから、これが癌治療に繋がるということです。実際の治療では患者さんから採取したナチュラルキラー細胞が用いられます。

注射患者さんの体内からナチュラルキラー細胞を採取し、それを特殊な装置で活発化、増殖させます。適切に増殖できれば約200倍になるといわれていますが、この増えて元気になったナチュラルキラー細胞を再び患者さんの体に戻していきます。

先ほどお話したようにもともとこの細胞はがん細胞に攻撃をしかける性質がありますから、それを増やせばどうなるか想像がつきますよね。体内の至るところに拡散されたナチュラルキラー細胞はがん細胞を見つけると手当たり次第に攻撃します。このようにして癌を退治していくのがナチュラルキラー細胞療法なのです


関連記事

  1. NK細胞療法で癌を克服
  2. 手術での治療について
  3. NK細胞療法との併用