手術での治療について

がんを治療する方法はいくつもありますが、代表的なものといえば手術ではないでしょうか。テレビドラマなどで癌にかかった患者さんが手術を受けるようなシーンはよく目にしますよね。がん治療において手術というのはもっともポピュラーと言えますし、効果の高い治療法ともいわれています。悪性腫瘍を外科的な手術によって除去するため成功すれば治療効果はかなり高いといえますし、それ故にがん治療において手術を希望する方も少なくありません。しかし、この手術という手法にはいくつかのデメリットもあります。

子供まず、切除する範囲が大きくなってしまうとどうしても後遺症を残してしまいます。術後もなかなか回復に向かわないということもありますし、苦しむこともあるでしょう。

また、せっかく手術で悪性腫瘍を除去することに成功したとしてもその前に癌がほかの場所に転移しているということも考えられます。こうなってしまうとまたその腫瘍を切除する必要が出てくるのですが、そうなると患者さんの体は相当な負担を強いられることになるでしょう。子どもや高齢の方だと体力が持たない可能性がありますし、そうしているあいだにも癌はどんどん転移を繰り返してしまう恐れがあるのです。

 


関連記事

  1. NK細胞療法で癌を克服
  2. NK細胞療法の基本
  3. NK細胞療法との併用