NK細胞療法との併用

外科的な手術によって腫瘍を切除するというのはがんの効果的な治療法であることは間違いないのですが、NK細胞療法との併用によってさらに治療効果を高めることができるといわれています。NK細胞療法だと活性化と増殖させたナチュラルキラー細胞を体に戻しますし、戻されたナチュラルキラー細胞は全身を巡ってがん細胞を退治しようとします。

手術つまり、転移や再発に強い治療法がNK細胞療法なのです。がんを手術で切除するだけだと目の前の腫瘍を除去するだけにすぎませんが、NK細胞療法と組み合わせることによって再発を防ぐことも可能になるのです

NK細胞療法と手術を組み合わせることによってさらなるがん治療効果を高めることができるでしょう。先ほども言ったようにどうしても手術だけに頼ってしまうと移転されたときにどうしようもありません。何度も体を切り刻むことになってしまいますし、体には相当な負担をかけてしまうことになるでしょう。NK細胞療法なら仮に癌が移転しようとしても細胞を見つけ出して攻撃してくれますし、効果的に癌を退治することができます。外科手術とNK細胞療法の組み合わせは相性がいいというのはこうした理由があるからなのです。


関連記事

  1. NK細胞療法で癌を克服
  2. NK細胞療法の基本
  3. 手術での治療について